medical_kairisei_douitsuseisyougai

1/2】【2/2】← 今ここ
34:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 14:07ID:27FbfFul.net
母の妹、私からみて叔母のエミ叔母様から呼び出されたのは 
ものすごく暑い夏の日でした。 
母も弟君も父親も相変わらずな状態を憂いたのか叔母の家に久々に呼ばれ 
顔を出しました 

弟君は中学3年生、 
進路や将来を考えないといけない時期に差し掛かりましたが 
母も父親も三者面談すら行っておらず 
当人である弟君も日常のほとんどをヒロで過ごし 
変わらず本ばかり読んでいる状態でした。 
35:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 14:09ID:27FbfFul.net
病院での一件以来 
時が止まったような家 
草も生え放題で荒れていました 
叔母様に現状を聞かれたので 
その事を話しし 
私は短大を出たら家を出たい 
その為にアルバイトしている事 
あの家にはいたくない事を叔母様に伝えました。 


叔母様は一通り話を聞いてはくれましたが 
家を出るのは反対で 
私が家を出たら弟君はどうするのか?と聞いてきました。




スポンサードリンク


 

大人しくて、心優しい弟君 
明るくて、活発、面白いナナミちゃん 
その二人ならみてあげれる事は出来るかもしれないけれど 
レンやヒロとは生活なんて出来ない 
いつそうなるか分からない弟君を 
姉弟だからといって 
面倒を見る事が正直出来ないと伝えると 

叔母様は 
弟君の秘密 
人格が分裂しはじめたわけを 
ゆっくりと話してくれました…。 


38:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 14:52ID:27FbfFul.net
家のお仏壇を見たことがある?と叔母様から聞かれましたが 
もちろん場所は知っており 
気がついた時にお水を取り替えたりもしますが 
そんなにマジマジと見たことはありませんでした。 
叔母様の話しでは 
私が4才、弟君が2才の手前ぐらい時に 
弟君からすると妹が生まれたそうです 
(私のその記憶がありません…) 
21週目と、かなりの早産で生まれ 
2日というあまに短い命だったそうです。 



41:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:15ID:27FbfFul.net
両親はとてもとても悲しみましたが 
弟がまだ小さい事もあり 
悲しんでばかりもいられないと一念発起したそうです 
しかし、幼い私は母を 
弟君と亡くなってしまった妹に取られるのが嫌で 
いなくなった事を喜び 
弟君にも「いなくなれ、いなくなれ」と言っていたそうです 


42:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:16ID:27FbfFul.net
私の記憶にそんな事を言っていた覚えも 
妹が生まれ記憶もありませんでしたが 
叔母様の中ではそうやって繰り返し私が言っていたのが 
弟君の人格が分裂したきっかけの一つと言われました 


両親はそれがきっかけであると 
私に責任を感じさせないように 
叔母様や親戚にも口止めをしていたようです。 


43:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:17ID:27FbfFul.net
子供のやった事とはいえ 
ひょっとしたら 
妹が亡くなったのも 
弟君の心が壊れているのも 
私がきっかけではないか? 
その他の話は耳に入らず 
放心状態で帰宅した私は 
お仏壇の前に座り、手を合わせてから 
沢山ある位牌の中から比較的新しい 
ひときわ小さな位牌を手に取り 
何気なく裏側を見て 

頭をハンマーで殴られるような衝撃と 
全身に鳥肌が立ちました。 


45:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:38ID:27FbfFul.net
お位牌の裏には 
亡くなった日付と共に 
「高橋 奈々実」とありました。 

初めて弟君の言動に母が質問した時に「ナナミちゃんと話しているの」と答えた時 
母がギョッとした仕草をしたのも 
父親がどうしてナナミちゃんを毛嫌いし遠ざけ、不機嫌になるのか 
激怒した父親が弟君を踏み付けようとした時に母が弟君に覆いかぶさり 
「私のせいだから 私が悪いから」とどうして言ったのか 
長い月日の間の腑に落ちなかった部分 


46:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:39ID:27FbfFul.net
私の前では常に常に明るくて 
元気な姿でナナミちゃんがいるのは 
亡くなった事をよろこんだ幼い日の私に 
必要と思われたいナナミちゃんの魂が弟君に入ったのかもしれません 
弟君に繰り返し、いなくなれと伝えた為に 
私に必要とされる自分を探した結果 
弟君の人格が壊れてしまったのではないか? 



家族が互いに感心を持たなくなってしまった 
全てきっかけが私にあったかもしれない事実を知って 
私は泣き崩れてしまいました 


48:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:40ID:27FbfFul.net
泣き声が聞こえたのか母が「どうしたの?大丈夫?」と声をかけてくれました 
私は叔母様から話を聞いた事 
位牌を見た事を伝え 
全ての責任が私にある事を母に伝え 
心から謝罪しましたが母は 
「あなたのせいで弟君がこうなったわけじゃないから」と慰めてくれました 


49:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:41ID:27FbfFul.net
私は涙を流しながら2階に上がり 
弟君の部屋を開けると 
ベッドで本を読んでる 
ヒロに「こんな事は言った事は無いけれどナナミちゃんと変わって!」と叫ぶと 
弟君の眼球が痙攣し 
今まで物を見るような目付きから 
にんまりともニッコリとも受け取れる優しい目付きなり 
「どうしたの?お姉ちゃん?どうして泣いてるの?」と 
ナナミちゃんが駆け寄って優しくハグをしてくれました 
私は今まで知らなかった事や 
幼い日の私がしてしまった事 
それは幼心から出た過ちであって 
今はそんな事を毛頭思ってもいない事 
過去の私と、家族関係から無関心になった私を許して欲しいと 
ナナミちゃんに心から謝りましたが 
途中でヒロへと変わってしまっていました。
 

50:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:44ID:27FbfFul.net
スーパーめんどくさそうにヒロは教えてくれました 
「ナナミは気にしていないよ」と 
それでも、そういった事があった事 
お前もいなくなれと言われた事を 
弟君の記憶から遮断する為にナナミちゃんがいる事 
記憶の共有化はしてあっても 
ナナミちゃんや他の人格が伺い知れて 
弟君には覗けない領域に 
私が起こしてしまった悲劇は隔離されている事 
病院でレンが大暴れしたのも 
ナナミと弟君を統合すると 
その記憶が弟君から見れてしまうから 
レンが逃げ出し 
このままで3人格では生きていけないであろうと思い、ナナミが自分を産んだ事などを伝えてくれました。 
「だからナナミと弟君を一つには出来ない。」 


51:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:46ID:27FbfFul.net
思いだせば 
ナナミちゃんの状態でも「押忍!」と男の子に近づくよう強要した空手の時にレンが生まれ 
弟君とナナミちゃんを統合する時にもレンが二人を身を呈して不器用にも守っていたのかもしれません 


私の浅はかな行為で 
弟君の心や人生を壊してしまった 
それをもっと小さな頃に私が知っていたら 
私の心も壊れていたかもしれない 
両親はその原因を隠しながら 
なんとかかんとか今日この日まで 
やってきたんだと思うと申し訳ないと同時に 

ワタシはイモウトもオトウトもリョウシンすらも 
ワタシがコロシテシマッタ 

そういう思いが頭をかすめ 
闇に引きずりこまれそうでした。 


52:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:48ID:27FbfFul.net
起こしてしまった悲劇にさいなまれながらも 
私は家族がもう一度、向き合えるようにするべく尽力しました 
うっとうしい、ウザイと言われながらもヒロと話しては関係性を持ち 
母任せにはせず、上手くはありませんが料理や得意ではありませんが掃除をして母を助け 
父親には全てを知った事 
何故、父親がナナミちゃんを嫌うのかは分かるけれど 
それも弟君であり 
悪いのはナナミちゃんではなく私であると何度も話し合いました。 




53:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:49ID:27FbfFul.net
私は罪の意識からかもしれませんが 
家族が向き合えるよう努力し 
その結果が出始めてはいました 
会話が増え、家族で食事に行き 
誕生日を祝い合う 
でも少し遅かったようで 
弟君の同級生達は進路が決まり 
弟君だけが高校へは進学出来ない時期までかかってしまいました。 


54:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:49ID:27FbfFul.net
また、私のせいで弟君の人生が上手く進みませんでした 
でもヒロは言います 
「全ての計画は俺の頭の中にある 
しばらくはバイトをするが何も問題はない」 
余りに自信たっぷりに話すため 
その計画を両親も私も聞かないまま 
弟君は中卒として、社会に出ました。 


55:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:50ID:27FbfFul.net
その後のヒロの行動力は圧巻でした 
自ら履歴書を持って、自転車で職業安定所に行き 
当然ながら一昨日中学校を卒業した子を雇ってくれる所など無いはずが 
その日に面接を受け 
二日後には病院の清掃などを受けおう会社で働きに行き始め 
2週間後には「気に入られた」と 
毎日同じ病院へ向かうようになり 
翌月末に5万円と母の大好きな 
シューアイスを山ほど買ってきました 


どうやらヒロは勤勉のようです 
朝は同じ時間に起き、コーンフレークを食べ 
身支度を整えると自転車で病院へ 
夕方「疲れた」と帰ってきては 
作業着を洗濯し、夕食後は部屋で何やら本を読み 
休みの日は図書館へ向かう生活でした 
物を言わないですし、全てに無関心のヒロがここまでやるとは思ってもおらず 
両親も私もヒロと言う人格に感心していました。 


56:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 15:57ID:27FbfFul.net
数ヶ月後 たまたま代休で平日に家にいた父親とで 
こっそりとヒロである弟君が働く病院へ 
働く姿を見に行き 
閉口してしまう 
驚愕の事実を知ります。 


57:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 16:00ID:27FbfFul.net
ってきり、ヒロが働いているものだと思っていましたが 
あの話し方、身振り手振り 
あのナヨナヨした感じ 
極めつけに「あたしはぁ〜」と話す姿 
なんと作業着で病院で働いていたのは超クネクネ状態のナナミちゃんで 
ホウキをマイクがわりに 
キャンデーズ 
年下の男の子を完璧な振り付けで歌っていました。 


58:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 16:01ID:27FbfFul.net
帰宅後ヒロに問い詰めるように聞くと 
「道筋は俺が作った」 
「病院も清掃員も女の職場だからナナミの方がいいに、決まってるし 
事実、気に入られて専属的に使ってもらえている」 
「そもそも俺は身体を使って働く事に向いていないし 
俺が実働しているとも言っていない」 
詳しく聞くと一人作業は弟君 
ペア以上の作業はナナミちゃんでこなしている事が分かりました 
どうやらヒロには自由に人格が入れ代われる 
バックドアのスイッチを持っており 
自分がやりたくない事は 
真面目な弟君かナナミちゃんにやらせる事が出来るとその時分かりました。 


59:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 16:05ID:27FbfFul.net
そのような事件があったり 
盲腸で病院で倒れ 
手術の時に麻酔の効きが悪かったのか 
パニクった弟君がレンになって暴れ出してしまったなどもありましたが 
弟君は18才までその仕事をし 
その間に自動車免許まで取得しました。 


63:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:09ID:27FbfFul.net
余談ですが病院に清掃で働いている間に 
弟君には二度彼女が出来ます 
まぁ正確には弟君の彼女ではなく 
二度ともナナミちゃんの彼女なのですが… 
おそらくは弟君とヒロ、レンは色々な初めてを 
ナナミちゃんを介して経験したようです 
ナナミちゃんが女の子が好きなのにも驚きました… 
てっきりナナミちゃんは男の子が好きなのだろうと思っていたので 
「あたしは女として女の子が好き」 
彼女が家に来たときには家族で顔を見合わせてしまいました。 
それ以上の、ナナミちゃんが彼女となにをどうしているのかは 
考えないようにしました。 


64:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:10ID:27FbfFul.net
18才になり 
車の免許を取得した弟君(ヒロ)は 
家族は反対をしましたが仕事を辞めてきます 
そして古い軽自動車を買って来て 
スーツを着てはどこかに出かけて行き 
戻って来てはパソコンの前から動かない日々が続きます 
叔母様から連絡で分かりましたが 
叔父さんが存命の頃に使っていた 
亡くなってからもそのままにしてあった大きな倉庫を 
ヒロは叔母様から借り受け 
何個も大きな段ボールが届いているそうです 


65:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:11ID:27FbfFul.net
叔母様の発案で 
家族全員と叔母様で食事会をし 
その時に良く話を聞いてみるとヒロは 
「勤めている以上は誰かを儲けさせ搾取され続ける 
学歴がない以上は起業する他ない」 
「人間が必ず必要な衣食住の内で誰でも出来るのは衣であると考えた」 
ヒロは貯めたお金を使って、自分でアポを取り 
交渉に出かけては卸してくれる会社と話しをして 
家に戻ってはそれを販売するサイトを作っていると説明しました
 


66:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:12ID:27FbfFul.net
そんなもの上手くいくはずもないと父親は馬鹿にしていましたが 
いざやりはじめると日々忙しく動きまわっているようでした 
弟君とナナミちゃんが… 

売っているのは 
普通の服ではないらしく 
普段は必要ないけれど 
ある時にはこれでないと仕方ない 
ウェットスーツのようなものを販売しているようですが 
詳しくは説明されていません 


67:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:13ID:27FbfFul.net
以後20年 
弟君はその仕事をし 
株式会社になり 
従業員さんを雇うまでになりました 

その間 
付き合った女性が 
ナナミちゃんを嫌がり 
ナナミちゃんに「俺」と言うように強要し 
レンになってしまったり 
好きな子に解離性同一性障害が理解されず嫌われ 
思い悩んだりした時期もありましたが 
この度、弟君もナナミちゃんもヒロもレンもその子が好きという 
奇跡に近い人と出会い 
紆余曲折はありましたが 
めでたく?デキ婚する事になりましたので 
この度、弟君の事を何かに残したいと 
たどたどしくも長々しいカキコミに至りました 

はたして生まれてくる子は 
どの人格の赤ちゃんなのでしょう? 
そこも気になる所ではありますが 
私の弟君のお話は以上です 


68:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:14ID:27FbfFul.net
あなたの側に一人称が度々変わる人はいませんか? 
その度に目が痙攣し会話が止まる人はいませんか? 
解離性同一性障害さんとの生活は困難を極め 
家族がバラバラになるときもあるでしょう 
それでも一つ一つの人格に 
それぞれ心が備わっていると思います 
魂だって一つの器に何個も備わっているのかもしれません 
でも一つ一つに向き合わないで下さい 
一つ一つに向き合い過ぎると 
彼や彼女らに引き込まれてしまい 
問題の本質が見えなくなります 
愛情を持って接するが引き込まれないラインを保つ事で 
問題点からブレる事なく対応出来ます 
無理にどうこうするのではなく 
経過を見守り 
一人一人の意味合いを受け取ってあげて下さい 
私の知らない人格が弟君の中にまだまだあるのかもしれませんが 
一人として無意味な人格はないのだと思います 


69:名も無き被検体774号+@\/2016/06/30(木) 18:15ID:27FbfFul.net
弟君だけなのかもしれませんが 
どの人格も「生きる」事に前向きで 
生きるために必死で戦います 
幸いにも一つの身体に一つの人格でいれるあなたは 
生きる事に前向きですか? 
色んなハンデを背負っていても 
弟君に出来た事はきっとあなたにも可能です 
頭の中で批判し反対する人格もいなければ 
突然自分の身体を別の人格が支配する事もあなたにはないのですから 

ありがとうございました。 


72:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/06/30(木) 19:55ID:2qoOFHg3.net
前に兄の話もあった 
こんな綺麗に乖離してる例って幾つもあるもんかね 

73:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/06/30(木) 20:06ID:wOwsMyT9.net
なんか考えさせられるな 

74:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/07/01(金) 16:43ID:aAiwpeJ+.net
色々な人生があるんやな 

75:名も無き被検体774号+@\(^o^)/2016/07/01(金) 17:12ID:znXOOHG3.net
拝読させて頂きました 
貴重な体験を書いて下さったことに感謝します。




スポンサードリンク

 
1/2】【2/2】 
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news4viptasu/1467254052